ネタッチ!芸能ニュースまとめ

ネタッチ!芸能ニュースまとめでは、2chで話題の新鮮な芸能ネタを素早く厳選してまとめています。

    1 : Egg ★@\(^o^)/ 2017/02/26(日) 11:07:24.88 ID:ID:CAP_USER9.net
    東京都小金井市で昨年5月、歌手活動をしていた冨田真由さん(21)が刺されて重傷を負った事件について、ダウンタウンの松本人志(53)やタレントのヒロミ(52)らが犯人に対する怒りをあらわにした。

     26日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」では、殺人未遂罪などに問われた無職岩埼友宏被告(28)が23日に結審した裁判員裁判で、冨田さんが意見陳述する際に「じゃあ、殺せよ!」などと絶叫して退廷させられた件を取り上げた。

     ヒロミは「もう、こんなのね…」と反省の色が見えない岩埼被告にため息まじりで「この子がどんな性格かわからないけど」と前置きした上で、検察側の懲役17年という求刑に「17年間の怒りが溜まっちゃうように思っちゃう。怖いし、更生すると思えない」と私見を述べた。

    また、冨田さんについて「すごい怖い思いをしたにもかかわらず現場に来て訴えた。そこで犯人の怖い声を聞いちゃったら、そこでもう一回刺されちゃったくらい大変な傷を負ったと思う」とおもんばかり、「この彼女が本当に助かって良かったというような、今後の人生を楽しく思えるような(判決)」を望んだ。

     松本も「犯人も若いから、下手したら40代くらいで出てくるよ」と懲役17年という求刑が軽いとの考えを示し、「34回刺したんでしょ。これは34人の人を殺したと思っていいくらい」と持論を展開。さらに映画「ゴッドファーザー」にたとえ、「そういう(犯人に報復する)機関がないのかと思う」と怒りをにじませた。

     ウエンツ瑛士も、冨田さんについて「出廷するまでに本当に勇気がいったと思う。ふりしぼった心の叫びだと思う。それに対して大声で…」と述べ、怒号を発した岩埼被告への怒りに声を震わせた。

    日刊スポーツ 2/26(日) 11:02配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170226-01784422-nksports-ent
    37 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/02/26(日) 11:22:46.64 ID:ID:2gHAyAHu0.net
    >>1
    違うぞ下手したら30代で出て来るって言ってただろ
    【<松本人志>冨田さん刺傷事件に怒り「34人殺した」「犯人も若いから、下手したら40代くらいで出てくるよ」】の続きを読む

    1 : たんぽぽ ★@\(^o^)/ 2017/02/23(木) 12:23:22.14 ID:ID:CAP_USER9.net
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00000049-dal-ent
    デイリースポーツ 2/23(木) 12:17配信

     実業家でタレントの君島十和子が23日、自身のブログを更新し、右足小指を骨折したことを明かした。

     君島は「人生初骨折」のタイトルで患部の写真をアップし、「薬指を添え木代わりにテーピングで固定していただいます。50歳にして初」とつづった。

     骨折した理由については、「目の高さよりちょっと高い本棚から本を引き出した時に、隣の本まで一緒に出てきて、落下。みるみるうちに小指が紫色になってきて仕事が終わった後にレントゲンを撮りに行くと……右足の小指の第1関節の骨に大きくひびが入ってました」と説明した。

     仕事には大きな支障はない様子で「ヒールで歩く仕事がない時で助かりましたぁ。小指以外の私はいたって元気に仕事しております!!」と記している。
    【君島十和子が骨折 本が右足小指に落下】の続きを読む

    1 : 豆次郎 ★@\(^o^)/ 2017/02/27(月) 08:24:16.93 ID:ID:CAP_USER9.net
     歳月人を待たず。子役だとばかり思っていた芦田愛菜ちゃん(12)が、今春から中学生になるという。それも、芸能界とはまるで勝手の異なる受験戦線で、赫々たる“成果”を収めて進学するというから驚かされるばかり。異才を存分に発揮した、その勉強法とは──。

     ***

     3歳から芸能活動を始めた愛菜ちゃんは、小学1年生になった2011年春、連ドラ「マルモのおきて」に主演。6歳とは思えぬ演技力で一躍人気を博した。同年暮れには、紅白歌合戦で主題歌を披露したのをご記憶の方も多いだろう。

     その天才子役も、まもなく小学校卒業。で、節目にあたり、天賦の才に加えて不断の努力を重ねた結果、ひと足早く桜がほころんだというのである。

     11日の「デイリースポーツ」紙には、

    〈超名門私立中に合格 昨夏から芸能活動セーブで1日12時間の猛勉強〉

     との見出しが躍った。さる芸能関係者が明かすには、

    「都内下町の公立小学校に通っていた彼女は今月、中学受験に挑み、みごと2つの難関を突破しました。それは『女子御三家』のひとつに数えられる女子学院と、慶應中等部です」

     都内・千代田区にある女子学院は自由闊達な校風で知られ、四谷大塚の「合格可能性80%」偏差値によれば69とある。一方、共学である港区の慶應中等部も、女子の偏差値は71。何と、これらをともに射止めてしまったのである。

    「このほか1月には、すべり止めとして埼玉県内にある偏差値65以上の学校を複数受験し、いずれも合格しています」(同)

     というから、まさに“総ナメ”なのだ。

     芸能活動を続けながらも学業を怠ることのなかった愛菜ちゃんは、

    「4年生になると大手進学塾『早稲田アカデミー』に入塾し、自宅近くの校舎に通い始めました」

     とは、彼女の近況を知る教育業界関係者。

    「以降もドラマ出演などを続けていましたが、16年4月期の連ドラ『OUR HOUSE』主演以降は、徐々に仕事をセーブするようになったのです」

     受験を日々の中心に据えたからに他ならないのだが、その勉強法はと言えば、

    「平日は学校が終わると、近くの校舎でおよそ1時間半の授業を週に複数コマ受けていました。さらに9月からは“特別カリキュラム”にも取り組んでいた。早稲田アカデミーには、男女御三家や慶應、駒場東邦など難関志望校別に『NNコース』という講座が設置されています。NNとは“なにがなんでも”の略。土日を利用して、試験で選抜された生徒を対象に、徹底的に志望校に特化した対策が行われるのです」(同)

     ちなみに、平日の授業で使われる教材だけでも、自宅学習に週10~12時間程度を充てないと消化できないほどの課題が出されるという。そしてNNコースは、これらとは全く異なり、特別な教材が用いられるとのことで、

    「土曜日は苦手科目の補強に充てます。日曜は過去の入試問題を宿題に出し、授業では疑似テストや予想問題に取り組むのです」(同)

     同塾のホームページによれば、「NN女子学院」は首都圏に数多くある校舎のうち2校でしか開講しておらず、土曜は最低3時間、日曜は2時間半の授業を3セット、といった説明がなされている。

     愛菜ちゃんもまた、週末は遠くの校舎に通っていたといい、

    「自宅学習と合わせると、週末はゆうに1日10時間以上を受験勉強に費やしていました。NN女子学院コースは全体で150人ほどで、成績順に6~7クラスに分けられ、少人数授業が行われている。女子学院の入試は、オーソドックスながらも試験時間に比べて設問の分量が多い。そうした傾向に照準を合わせ、秋以降は文字通り勉強漬けの日々を送っていました」(同)

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170227-00518193-shincho-ent
    2 : 豆次郎 ★@\(^o^)/ 2017/02/27(月) 08:24:44.37 ID:ID:CAP_USER9.net
    >>1 続き

     その教材の一部を紹介すると、例えば表紙に「絶対合格!」と刷り込まれた「JG(女子学院)の理科」と題する冊子には、物理分野の過去問が「電気」「運動」「力学」等とジャンル別にぎっしり収録されている。

     また9月に実施された「NN女子学院プレオープン模試」では、社会で歌舞伎の歴史についての大問があり、さらに実際の入試問題に似せた11月の「入試本番体験講座」国語には、吉本隆明の『13歳は二度あるか』が題材に──。

     こうしたカリキュラムと向き合ってきた愛菜ちゃんは、

    「成績もよく、先生からは『女子学院は大丈夫』というお墨付きをもらっていたのですが、心配事もありました。2カ月ごとに行われるNNコースのクラス分け試験で、はじめはトップの組に入っていたところ、受験直前で2番目のクラスに落ちてしまい、本人は不安を感じていたといいます」(同)

     それでも、つぶさに研究して臨んだ甲斐あって、本番の2月1日は無事終了。翌日には吉報がもたらされた。そして、愛菜ちゃんはなおも気を緩めず“もう1つの本命”に心をシフトしていったというのだ。

    「ひとまず女子学院に手続きの納入金を支払い、慶應中等部の試験に備えました。3日の一次試験、5日の面接など二次試験を経て、6日に最終合格。選択を迫られることになったのです」(同)

     通常、大学進学を見据えるのであれば、早慶などエスカレーター校より御三家のほうが視野は広がる。ましてや念入りに対策を練ってまで掴んだ合格。思い入れもひとしおのはずだが、

    「入学後、どちらが芸能活動を続けやすいか。また、もし女子学院を選べば6年後には再び受験で、その時はさすがに“休業”せざるを得ない。それらの点を考慮し、現在は慶應を選ぶ方向に気持ちが傾いているというのです」(同)

    『大学付属校という選択』を著した教育ジャーナリストのおおたとしまさ氏は、

    「女子学院は教養主義の校風で良い教育をしますが、『受験は自分で頑張ろう』という風潮で、学校で特に面倒を見てくれるわけではない。愛菜ちゃんのようなケースでは、大学付属校のメリットが大いにあると思います」

     それにしても、本格的なスパートは秋以降というのだから、愛菜ちゃんは実に5カ月で偏差値70を突破したことになる。これもまた、天才子役ゆえの“離れ業”なのだろうか。

    「日常的に膨大な量のセリフを暗記してきた芦田さんには、特に社会科で細かい記憶力が求められる女子学院の入試は圧倒的に有利でしたね」

     とは、東大医学部出身で受験事情に詳しい精神科医の和田秀樹氏である。

    「大人と一緒に演技をしてきたことで、言語センスやシチュエーションの理解力も自然と身についているはず。その点でも、国語を重視する女子学院や慶應中等部は向いていたと思います」

     能力のみならず、メンタルも盤石だったという。

    「子役とはいえ、ワンシーンワンカットの世界で、セリフを間違えれば先輩の役者に迷惑が掛かる。そんな計り知れないプレッシャーの中で仕事をこなし、幼くしてオーディションに落ちる挫折も経験している。生まれて初めての大舞台が中学受験という6年生が多い中、彼女はそもそも場数の踏み方が違うのです」(同)

     やはり、一芸は百芸に通ずるのだ。
    【芦田愛菜、「NN勉強法」で2つの難関校を突破 どちらに進学?】の続きを読む

    このページのトップヘ