ネタッチ!芸能ニュースまとめ

ネタッチ!芸能ニュースまとめでは、2chで話題の新鮮な芸能ネタを素早く厳選してまとめています。

    1 : オムコシ ★ 2017/10/22(日) 22:54:26.98 ID:ID:CAP_USER9.net
    『ガンダム』生みの親・富野由悠季が感じた手塚治虫・宮崎駿の凄み

    日本を代表するアニメコンテンツ『機動戦士ガンダム』の原作者としても知られる富野氏は、75歳にして劇場版アニメ『Gのレコンギスタ』を制作中であることを公表。
    今回、富野氏に、ライバル“宮崎駿から受けた影響”や“アニメ制作への想い”などを聞いた。

    ■「アニメ好き」「ロボット好き」が作った映画は劇としての面白みがない

     『機動戦士ガンダム』で“リアルロボット”というジャンルを開拓。富野氏の歩んできたアニメ史は、日本の“巨大ロボットアニメ”の変遷そのもの。しかし、富野氏は“ガンダムの富野“と言われることに満足はしていない。
    「所詮は“巨大ロボットものでしょ”と、下に見られてきた時代から、僕はずっと、巨大ロボットものを“一般化”するためにどうするか? を考えてきた」と富野氏。「『巨大ロボットものを、ロボットものとしてだけやっていませんよ!』と言わせてもらいます」とも。

     そもそも、巨大ロボットアニメは映画的な媒体であり、ロボットものをやるなら映画の性能を利用するしかない。そして、まず映画の大前提として、「アニメ好き」「ロボット好き」「メカ好き」、そういう人が作った映画は劇としての面白みがないのだと富野氏は強調する。

     映画は演劇の延長線上にある。絶対的に観客の時間を縛るのが演劇であり、観客にいかに気持ちよく見てもらえるかを考えたとき、2時間が限界。そのうえで劇を作ることを意識するべきと考えて制作に従事してきたが、アニメ業界としては必ずしもそうなっていないと警鐘をならす。

    ■『君の名は。』も映画とは思えない部分がある

    「東宝でいうと、初代の『ゴジラ』(1954年)はまだ許せます。
    しかし、技術的に実写とミニュチュアのバランスがすごく悪い。
    そうしたものを演劇的に調整してなめらかに見せる配慮がみえない。
    庵野(秀明)監督の『シン・ゴジラ』(2016年)でようやくこなれてきた印象はあります」。
    しかし、その前のハリウッド版『GODZILLA』は、「“好き”というだけの人たちが集まって作った映画でしょ?」 と喝破する。「ヘリコプターがミサイルを撃っていれば気が済む。街を壊す絵で気が済む。そういうのが好きな人に作らせればいいものができると思っている。
    『君の名は。』も映画とは思えない部分がある」と同氏。

    「けれども、芸能というのは客を集めてナンボの世界だから、その部分だけでいえばあれでよいともいえるから全否定はしません。ただ、動員数に屈服してしまって、映画評論家といわれる人たちが映画の内容に対してきちんと評価できていません。

    そんな評論だと新海(誠)監督が堕落していくだけだよと言いたいですね」と、映画界への指摘も容赦がない。富野氏は、“映画好き”に映画を作らせちゃいけないと、なぜわからないのかと繰り返し強調する。

    「なぜこんなことを言うかというと、自分の作る映画がヒットしないからで、負け犬が吠えているだけです(笑)」


    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12173-oric2098900/
    【ガンダム富野『「アニメ好き」「ロボット好き」が作った映画は劇としての面白みがない』『君の名は。も映画とは思えない部分がある』 】の続きを読む

    1 : 砂漠のマスカレード ★ 2017/10/22(日) 15:19:20.83 ID:ID:CAP_USER9.net
    21日放送のラジオ番組「ヤングタウン土曜日」(MBSラジオ)で、明石家さんまが、ビートたけしの「唯一勝てない発言」に言及した。

    番組では、18日放送の「1番だけが知っている」(TBS系)で、たけしが「唯一勝てない芸人」として、さんまの名を挙げたことを話題にした。

    たけしの言葉が紹介されると、さんまは「たけしさんの背中しかまだ見えてないからね。勝ててるわけがないですよ」「俺はもう全敗してる、たけしさんには」とコメント。

    さらに、たけしからの評価を「同じ戦場で戦った戦友の優しさの言葉で。けして真に受けないでいただきたい」「私はまだ、たけしさんの背中を見て生きてる人間ですから」と受け取っており、自身はたけしに及ばないと告白したのだ。

    さんまの謙虚な姿勢に、共演者から感嘆と称賛の声があがる。だが、さんまは「(自分は)まだまだいうことやな。本当にこれ言っていただけて、ありがたかってんかったんですけど」「これはたけしさんのうそやな」と続けて話題を結んでいた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13782332/
    2017年10月22日 11時1分 トピックニュース
    【明石家さんま ビートたけしの“唯一勝てない発言”に「たけしさんのうそ」 】の続きを読む

    1 : Egg ★ 2017/10/23(月) 06:35:00.85 ID:ID:CAP_USER9.net
    芸能人の不倫報道が相次ぐ昨今、パートナーや世間を裏切る行為に怒りを感じる人もいるだろう。中には「この人だけは許せない!」と思う人もいるはず。

    そこでしらべぇ編集部は、全国20~60代の男女1,354名を対象に「不倫報道のあった女性芸能人」の中から「許せない」と思った女性について、複数回答で調査を実施。以下、トップ5を紹介しよう。

    ■第5位:マギー(14.5%)

    モデルでタレントのマギー(25)が5位にランクイン。ことし1月に、パンクバンド『Hi‐STANDARD』の横山健(48)不倫疑惑が報じられた。しかし、マギーは釈明もしておらず、完全なスルー状態だ。そこへ怒りを感じている人もいるだろう。

    おもに30代女性の票が集まり、2割を超える結果に。

    ■第4位:ベッキー(26.7%)

    タレント・ベッキー(33)が4位に。昨年1月、バンド『ゲスの極み乙女』ボーカル・川谷絵音(28)との不倫が報じられた。この騒動は「ゲス不倫」と呼ばれ、大きな注目を集めた。

    これまで元気で清純なキャラとして活動していただけに、不倫のショックは大きかったのだろう。50代男性、60代女性の4割近くが怒りを感じているようだ。

    ■3位はW不倫が話題になったあの女優

    女優・斉藤由貴(51)が第3位にランクイン(36.3%)。ことし8月に、開業医の男性とのW不倫が報じられた斉藤だが、W不倫であったことや子供がいることが世間から怒りを買った理由か。

    おもに女性からの票が伸び、40代女性の4割や5、60代女性では約5割が怒りの声をあげている。

    ■第2位:上原多香子(41.7%)

    2位は「SPEED」元メンバーで女優の上原多香子(34)。14年に自死した「ET-KING」メンバー・TENNさん(享年35)の存命中に俳優の阿部力(35)との不倫疑惑が報じられ話題になった。

    報道によれば、TENNが亡くなった理由には上原の不倫が関係しているともいわれており、それも怒りにつながっているのだろう。

    5、60代女性の4割、3、40代女性の5割が「許せない」と回答。また男性の場合では2、30代の4割も該当した。

    ■第1位:矢口真里(47.1%)

    『モーニング娘。』元メンバー・矢口真里(34)が1位に。元の夫である中村昌也(31)との結婚生活の中、13年に元モデルの男性と自宅で行為を行っていたと話題になっていた。

    かつて国民的アイドルとして人気者だっただけに、落胆したというファンも多かっただろう。女性の場合では50代が6割、その他の年代でも5割が「許せない」と回答。男性では20~40代が3割、5、60代では4割が怒りをおぼえているようだ。




    2017/10/23 05:30 しらべぇ
    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20171023-68281846-sirabee
    【<「許せないと思った不倫報道の女性芸能人」ランキング> 1位は大人気タレント!? 】の続きを読む

    1 : 砂漠のマスカレード ★ 2017/10/20(金) 20:27:26.73 ID:ID:CAP_USER9.net
    1987年スタートの人気料理番組「金子信雄の楽しい夕食」のアシスタントとして人気を呼んだ元タレント・成田万寿美さん(60)が
    20日放送のTBS系「爆報!THE フライデー」(金曜・後7時)に出演。悪性リンパ腫と闘う現在の姿を明かした。

     リクルート退社後、85年、夕方のニュース番組のキャスターに転身。
    「―楽しい夕食」のアシスタントとして大人気となったが、95年、金子信雄さんの死去とともに番組が終了。
    成田さんも芸能界から遠ざかった。

    35歳で離婚したため、現在、一人暮らしの成田さん。鼻づまりと鼻血が1年続いたことから5度目の精密検査を受けたところ、
    2015年、悪性リンパ腫と診断された。左鼻の奥に悪性腫瘍が発見されたという。

    5年生存率6割で血液のガンとも言われる重病と戦う成田さんは放射線治療を行った。
    治療の副作用で味覚障害や難聴とも戦ってきたが、「私の中でも、かなりの覚悟はしましたが、戦おうという気持ちしかなかった。
    でも、生きる気力が薄れる感じはありました」と成田さん。
    発症2年後の検査でガン細胞が発見されず、「良かったです。安心して過ごせます」と笑顔。
    現在、スピーチ・コンサルタントとして活躍している日々を披露した。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13776598/
    2017年10月20日 19時35分 スポーツ報知


    【元「金子信雄の楽しい夕食」の美人アシスタント・成田万寿美さん、悪性リンパ腫で闘病中「戦おうという気持ちしかなかった」 】の続きを読む

    1 : このもん ★ 2017/10/22(日) 10:22:22.03 ID:ID:CAP_USER9.net
    前田敦子さん「もうちょっと…」 元グラビアアイドル役

     AKB48総選挙で1位に輝き、卒業後は女優としてキャリアを積んできた、前田敦子さん。フジ系で10月23日開始の“月9”ドラマ「民衆の敵」では、元グラビアアイドルで市議選に出る小出未亜(こいでみあ)を演じます。過去に「Q10(キュート)」のアンドロイドや「毒島(ぶすじま)ゆり子のせきらら日記」の二股常習者、「もらとりあむタマ子」の実家パラサイトなど、ちょっと変わった役で評判になった前田さんに、そのあたりのことも聞いてみました。

     ――演じる未亜の劇中のキャッチフレーズは「アイドル生まれ、グラビア育ち」。演じてみた感想は?

     未亜ちゃんは自分のごりごりの売り出し方を知っていて頭がいい子なので、うらやましいと思いました。私はAKBの時にキャッチフレーズもなかったですし、どうすればいいか分からなかったので。ここまで開き直ってやれば、私ももうちょっと違う風に人気出たかもと思っちゃいますね(笑)。

     ――性格は正反対なキャラだと。

     全然違います。アイドルで培っ…

    全文は下記
    http://www.asahi.com/articles/photo/AS20171017002284.html
    http://www.asahi.com/articles/ASK9M7V9MK9MUCVL025.html
    【前田敦子さん「もうちょっと…」 月9ドラマで元グラビアアイドル役 】の続きを読む

    1 : 影のたけし軍団ρ ★ 2017/10/19(木) 15:24:32.24 ID:ID:CAP_USER9.net
    日本テレビ系列の広島テレビが18日に放送した、プロ野球セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第1戦、
    広島・DeNA戦の視聴率が、広島地区で43・2%を記録したことが19日、わかった。

    同局では午後7時から同9時まで中継。瞬間最高視聴率は、5回に広島・菊池が内野安打を放ち3―0となった午後7時30分、
    続く丸の打席の同31分、32分で、いずれも50・5%だった。

    CS史上初の降雨コールドゲームとなった一戦。午後7時37分から8時13分まで中断していたにもかかわらず高視聴率を記録した。

    また、試合終了後は番組終了まで試合のハイライト、第2戦以降の展望などを放送したが、47分間の視聴率は同地区26・0%だった。

    同局編成部は「待ちに待ったカープの試合が約半月ぶりに放送されたこと。
    そしてCSファイナルを勝ち上がり、33年ぶりの日本一奪還を願う広島県民の熱い応援が数字に表れた」とコメントした。
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171019-OHT1T50113.html
    【 CS広島・DeNA戦の広島地区視聴率43・2%、瞬間最高50・5% 】の続きを読む

    このページのトップヘ