ネタッチ!芸能ニュースまとめ

ネタッチ!芸能ニュースまとめでは、2chで話題の新鮮な芸能ネタを素早く厳選してまとめています。

    1 : あちゃこ ★ 2017/10/20(金) 00:13:57.38 ID:ID:CAP_USER9.net
    元大関若嶋津の二所ノ関親方(60)=本名日高六男=が19日午後4時15分ごろ、千葉県
    船橋市行田2丁目の市道で、倒れているのを通行人が見つけた。船橋市内の病院に救急搬送され、
    頭部の緊急手術を受けた。命に別条はない。

     二所ノ関親方の救急搬送の一報を聞き、病院へ駆けつけた尾車親方(元大関琴風)は
    「僕の一番大事な大親友なので、早く良くなって協会のために頑張って欲しい。早い回復を祈っている」
    と、沈痛な表情を浮かべていた。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171019-00000155-dal-spo
    【尾車親方「大親友。早く良くなって」 元大関若島津、二所ノ関親方の緊急手術に 】の続きを読む

    1 : きゅう ★ 2017/10/19(木) 18:09:50.73 ID:ID:CAP_USER9.net
     15日に福岡で開催された格闘技イベント・RIZIN。

     同イベントで総合格闘技に転向し、“看板選手”の1人として参戦し続けている元レスリング世界王者の山本美憂(43)は女子の「スーパーアトム級トーナメント 1回戦」に臨むも2Rに外国人選手に腕ひしぎ十字固めで1本負け。トーナメント1回戦で姿を消した。

     「タックルでのテイクダウンは天下一品ですが、打撃が素人レベル。タックルで倒してからの攻撃も防御も試合を重ねてもまったく“学習”していないので、下からの関節技をくらって負けてしまう。1Rから何回も同じ技を下から仕掛けられているのに最後までそのパターンにハマり続けた」(格闘技ライター)

     そんな山本だが、リングサイドやテレビ中継で観戦する男性ファンの視線をくぎづけにしてしまったというのだ。

     「セパレートタイプで大胆にお腹を出したコスチュームを着用。上はスポーツブラタイプになっている。そのため、フィニッシュシーンで相手が下から腕をからめ捕り、山本が必死でこらえた際、かなり形のいいバストが“ポロリ”してしまった。すでにその映像・画像はネット上で散々拡散されてしまっている」(同)

     敗北後、山本は真っ先に上のコスチュームを直してバストを隠したが、今回の1件で今後も需要がありそうだといのだ。

     「昔はよく放送されていた『女だらけの水泳大会』の騎馬戦に出ていた“ポロリ担当”みたいな存在になれば、勝っても負けても視聴率アップは確実。山本以上のビジュアルの女子選手は見当たらないので継続参戦は確実。バツがついて子持ち、熟女と男性ファンを引きつける要素もたっぷり備えている」(格闘技業界関係者)

     おそらく、今年のおおみそかもフジテレビはRIZINを放送すると思われるが、山本は視聴率アップにひと役買いそうだ。

    http://wjn.jp/article/detail/3288220/
    【“ポロリ担当”でRIZINに継続参戦が決まりそうな山本美憂 】の続きを読む

    1 : 豆次郎 ★ 2017/10/17(火) 15:07:09.30 ID:ID:CAP_USER9.net
     14日にスタートした嵐・櫻井翔主演の連続ドラマ「先に生まれただけの僕」(日本テレビ系)。その番宣を兼ねたテレビ出演で、よもやの部分にフォーカスが当たっている。

     発端は櫻井演じる主人公・鳴海涼介の恋人・松原聡子を演じる多部未華子に対する「顔が変わった」というネットの書き込み。2人は13日朝に放送された「ZIP!」(日本テレビ系)に出演、ガッツリと濃厚メイクを施した多部に視聴者の目は釘づけになった。

    「今回のドラマの番宣で多部はいくつかの日テレの番組に出ていますが、かつてのナチュラル癒し系から一転したクッキリした顔が目立っている印象です。そのせいで、ネット上では『多部ちゃん整形した?』『カラコンじゃない?』『アイラインのせいでしょ』『イジったというより太った?』など、彼女の異変に様々な憶測が飛び交いました。おそらく役柄に合わせてメイクを変えたことが影響したのでしょうが、そのトバッチリを受けてしまったのが櫻井なんです」(女性誌記者)

     というのも、多部の顔に注目が集まったおかげで、隣にいた櫻井の容姿までイジられてしまったのだ。ネットには「首のシワがだらしねぇ」「櫻井デブすぎ」「うわっ、うちのオカンの首だわ」「写真なら消せるけど生放送は無理だった」「メタボオヤジみたいで残念です」など、櫻井の肉体にガッカリの声が連投されている。

    「たとえばグラビアの世界でも最近はモデルの年齢が上がっていることもあり、首のシワには注意します。レスポンスで消すこともよくありますね。そうですね‥‥櫻井さんの首筋は思った以上にたるんでますね。グラビアなら修整するレベルです(笑)」(グラビア誌編集者)

     以前から櫻井の容姿ネタは多かったが、今回はまさかの形でクローズアップされてしまったようだ。

    http://asajo.jp/39163
    【多部未華子「顔が違う」騒動の余波!?櫻井翔の「首」にガッカリの声続出 】の続きを読む

    1 : Egg ★ 2017/10/18(水) 05:41:49.03 ID:ID:CAP_USER9.net
    フジテレビが9月に放送したバラエティー番組「とんねるずのみなさんのおかげでした 30周年記念SP」で、性的少数者(LGBT)をあざ笑っていると誤解されかねない表現をしたとして、16日に番組公式サイトに謝罪文を掲載した。同局に対して抗議文を提出したLGBT団体「なくそう!SOGIハラ」実行委員会の松中権代表(41)がスポーツ報知の取材に応じ、今回の騒動に対する心中を明かした。

    【写真】石橋貴明が演じた

     番組は9月28日に放送。タレント石橋貴明(55)が約29年前のキャラクター「保毛尾田保毛男(ほもおだ・ほもお)」を演じ、他の出演者から「ホモでしょ」と尋ねられる場面などがあった。放送直後から、同局に対して電話で約60件、ネットフォームで約150件の問い合わせがあったとされる。放送翌日、同団体やLGBT関係者らが連名で、同局に抗議文を提出した。

     松中氏らは今月2日、フジテレビ幹部らと意見交換会を開催。2時間ほどの話し合いの中で正式な謝罪発表や、今後のアクションに取り組むための特別チームの編成と、過去放送も含めた正確な経緯・データの提供を要望する正式な謝罪などを要求した。その後、フジ側とメールなどでやりとりし数日前に、16日未明に謝罪文を掲載する旨を伝えられたという。

     フジテレビは公式サイトで「たくさんの視聴者の皆さまがご不快になったことに関し、深くおわびします」と謝罪。ホモという言葉は男性同性愛者に対する蔑称との指摘を受け「子どもたちへの影響、LGBTなどを取り巻く制度改正や社会状況について私どもの認識が極めて不十分だった」などとした。

     松中氏は、抗議文提出について「怒りをぶつけることが趣旨ではない。他のメディアでも起こるかもしれないこと。今後の業界全体にとっていいきっかけになれば」と説明した。

     フジテレビの対応に対しては「異例の速さだった」と感謝しながら、「次のステップ、今後の取り組みを注目したい。協力できるところは協力したい」と前向きな姿勢を伺わせた。今後の「保毛尾田」の放送については「これまでの話し合いなどで問題点は伝えたので分かっていただいていると思う」と話した。

     「SOGIハラ」は、好きになる人の性別、Sexual・Orientationと、自分の性別についての認識Gender・Identityの頭文字S・O・G・Iをハラスメントと組み合わせた造語。性的少数者への差別的な発言や嫌がらせを示す。

    10/17(火) 22:47配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-00000172-sph-ent
    【<「保毛尾田」問題>抗議団体代表がフジテレビ謝罪に心中明かす 】の続きを読む

    1 : Egg ★ 2017/10/19(木) 22:42:10.71 ID:ID:CAP_USER9.net
    栄光の50年は“Mr.オールナイトニッポン”こと、笑福亭鶴光(69)とともにあり。今では当たり前の「関西弁」を武器にした先駆者でもあった。

    鶴光 わんばんこ! 鶴光でおま。ええか、ええか、ええのんか~。

    ──いよっ、名調子! ついでに女性リスナーに対しての第一声を。

    鶴光 乳頭の色は?

    ──堂々と「乳頭の色」と聞いて、それに「ピンク」と明るく答えるノリを作ったのはみごとです。

    鶴光 74年から出ることになったんやけど、それまで関東では誰もやってなかった「こてこての大阪弁」でやろうやないかと。上方落語の言い回しの「なんだんねん」とか「~でおま」とかね。

    ──師匠の落語家デビューと同じ50年の歴史を持つ番組ですが、これほど人気になると思いましたか?

    鶴光 いやいや、全然。土曜日の1時から4時間の長丁場やったけど、ハガキは毎週1万通くらい来て、占拠率は90%超えてたって聞くとビックリするね。

    ──読者世代もハガキを送ったリスナーは多数いたと思います。セクシー話っぽく見せかけて最後にオチがある「ミッドナイトストーリー」や、怪談話に見立てたダジャレの「驚き桃の木ビックリ話」など。

    鶴光 最初からこうしようと言うてたんでなく、最初は「小噺その1」みたいな感じやったけど、リスナーがそれぞれコーナーを作っていく流れやったね。そこから「なんちゃっておじさん」の大ブームが生まれたりや。

    ──ありましたね、今で言う都市伝説的な。

    鶴光 北海道にはこんな変わったおっちゃんがおるとか目撃談が続いて、その総称が「なんちゃっておじさん」になっていった。

    ──今の時代はSNSになるんでしょうけど、昭和の時代は間違いなく深夜ラジオが「情報の発信源」として威力を発揮しました。

    鶴光 番組が終わって、博多へ向かう時に「明太子が食いたいなあ」と言うと、博多駅に100人くらい明太子を持って待っとったもんね。それはええねんけど、番組明けの朝6時の新幹線に乗って、さあ寝よかいう時に「鶴光様、お電話です」って呼び出しが入る。誰や思うたらファンの少年で「さっきまで聴いてました。次の仕事も頑張ってください」やて。そんな電話せんと寝かせんかい(笑)。

    ──それにしても、セクシーもない当時の青少年にとって、あの番組自体が持つ「イロっぽさ」は出色。

    鶴光 例えば電話口の女性リスナーを、まず深呼吸させてみるというのは手やったな。夜中にこっそりラジオの前やと、女の呼吸音は悩ましく聴こえるんや。

    ──なるほど、そこから「注射は?」とか「乳頭の色は?」と、たたみかけていくわけですね。さて、師匠の番組には若い女性アイドルが多数、出演しました。

    鶴光 新人はレコードかけてほしいんやけど、簡単には流させん。真夜中の運動会ゆうて、青山墓地に置いてある自分のレコードを取って来たらOKとか。もちろん、スタッフが幽霊のカッコしとるから完全に「肝試し企画」やな。

    ──こうしたアイドルいじりで伝説になったのが、松本明子に「オ〇ンコ!」と叫ばせた84年の一件。師匠の番組の10周年を祝して、フジの「オールナイトフジ」と合同の中継でしたね。

    鶴光 松本明子は番組のアシスタントやったんやけど、彼氏の名前を言えと。それはイヤだというんで、それやったら、カメラに向かって「オ〇ンコ」と叫べと。彼女は四国の香川出身やから、その四文字が何のことかわからず言うてしもたんや。しかも、その瞬間に限ってカメラがアップに寄ってきとる。時間が止まるとはこのことで、ほんまにスタジオが凍りついた(笑)。

    ──松本明子がテレビをしばらく干されたのは有名ですが、師匠にも影響は?

    鶴光 そらあったよ。新人アイドルに「ええか、ええのんか~」って言って触るフリするから、事務所から軒並み「共演NG」を食らったよ。

    ──11年9カ月という当時の最長記録ですが、記憶しているエピソードは?

    鶴光 いつだかの8月に、放送中にごっつい地震が来よってな。ラジオやからマニュアルがあって、ディレクターが3回、大きな声で読めと。それに「ストーブの火は消してください」いうのもあったけど、あとでリスナーから「8月のクソ暑い日にストーブって、なんや、アホ!」って。こっちは読め言われたんじゃ!

    ──ラジオならでは(笑)。

    鶴光 今年からCSのJ:COMで「オールナイトニッポン・TV@J:COM」やってますので、観てくださいな。

    アサ芸プラス2017年10月19日12時57分
    https://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_90575/

    写真
    【<オールナイトニッポン50年の全秘史>笑福亭鶴光「所属事務所から軒並み『共演NG』ですわ(笑)」 】の続きを読む

    1 : きゅう ★ 2017/10/19(木) 06:21:08.93 ID:ID:CAP_USER9.net
    10月17日深夜に「矢口真里の火曜The NIGHT」(AbemaSPECIALチャンネル)が放送され、ゲスト出演した元NMB48・須藤凜々花が高校の再入学についてや、一騒動あった“DAMN”Tシャツ問題など、さまざまな話題について真摯に答えた。

    17日の放送は、『りりぽんをもっと知ることから始めよう』と題し、“りりぽん”こと須藤が登場。プロフィル写真のイメージとは正反対なボーイッシュな服装で現れた。

    物議をかもしたラッパーのアルバムタイトル『DAMN』と書かれているTシャツに対し、矢口が「これどういう意味なの?」と聞くと、須藤は屈託ない笑顔で「くそったれです」と答えた。

    その後、彼女のプロフィールについてのトークが盛り上がる中、矢口から「高校は卒業したの?」という質問に対し、「そうですね…」と顔を曇らせる須藤。

    岡野陽一も「絶対うそだ」とツッコミを入れると、「言っていいですか? 高校は、今入り直しました」と高校の再入学を告白した。デビュー当時にNMB48に入るために大阪の高校に転学したものの、忙しい活動の中、体育の実技の単位が足りず卒業ができなかったのだとか。

    しかし、「どうしても大学に行き、哲学者になるための留学をしたい」という気持ちから、高校の再入学を決意したそう。「もう入学しています。やばい、言っちゃった!」と体育の授業を受けに学校へ通っていると告白した。

    さらに、「須藤凜々花の100歳年表」と題し、須藤の「これまで」だけでなく「これから」の未来予想まで書いてもらう場面も。

    生まれてから7歳までは、お父さんが会社の社長ということで、お金持ちの娘としてセレブな生活を送っていたという須藤。しかし、「両親の離婚により生活が一変した」と壮絶な幼少時代を語った。

    17歳でNMB48に加入してから、18歳で冠番組や本の出版、さらにセンターに選ばれるなどアイドルとして活躍してきた中、須藤自身が1番ピークだと感じたことは、総選挙で20位に入れたことだったそう。

    「いつくらいから選挙の時に(結婚を)言おうと思ったの?」という矢口からの質問に対し、「自分の中では、好きな人ができた時点で言いたかった。アイドルとしての人生はいいことしかなかった。だからこそ、仲間にうそをついてまで活動できないと思ったし、アイドル活動も彼のことも本気だっていうことを伝えたかった」と、当時の騒動について語った。

    須藤の告白に対し、矢口も「私も同じような感じだった、うそをついて付き合うよりはね。別れたくなかったから、恋愛を取った」と、スキャンダル当時の思いを明かした。

    https://news.infoseek.co.jp/article/thetv_124716/
    【元NMB48・須藤凜々花「アイドルとしての人生はいいことしかなかった」 】の続きを読む

    このページのトップヘ