ネタッチ!芸能ニュースまとめ

ネタッチ!芸能ニュースまとめでは、2chで話題の新鮮な芸能ネタを素早く厳選してまとめています。

    2017年04月

    1 : 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ 2017/04/29(土) 16:24:17.80 ID:ID:CAP_USER9.net
     社会情勢からエンタメまでノンジャンルのニュースを届ける情報報道番組「ユアタイム」(フジテレビ系、月~金曜深夜)が2016年4月のスタートから1年たった。同番組でメインMCを務めるモデルの市川紗椰さんに番組への思いや心境の変化などについて話を聞いた。

    ――市川さんがメインMCに就いて1年が経ちました。振り返っていかがですか?

     あっという間のような気がしますが、10年ほど続けているような気持ちもあり、不思議な感覚です。ここ数カ月で、やっとなじんできたかなと感じられる点が増えてきました。思いのほか慣れるまでに時間がかかったのは、ほぼ毎日、同じ時間に、同じ顔ぶれで集まるということ。「ユアタイム」はウィークデーの生放送なので、決められた時間におなじみのメンバーが集まって番組の進行を務めます。規則正しく進んでいくこの感じは、高校生以来の体験です(笑)。

    ――深夜の生放送ということで生活リズムはどうですか?

     最初のうちは時差ぼけのような感覚が続いていました。夜遅いので帰宅してからの食事は控えていたのですが、午前1時半であっても「今は夜の7時半だ!」ということにして、最近は思い切って食べるようになりました(笑)。栄養を取ってしっかり体を休め、ベストな状態で番組に挑めるよう調整しています。

    伝える立場で見えてきたルール

    ――情報を伝える立場になったことで、新たな気づきはありましたか?

     「言えること」と「言えないこと」が想像していた以上に存在することです。一視聴者の時は「どうしてこの情報は伝えないんだろう?」などと疑問を抱くときがありましたが、「正確に情報を伝える」という立場に立つと、いろいろなルールが見えてきます。実際には、時間が足りないために簡潔にまとめるなど、単純な理由だったりするのが意外でした。

    ――ほかの情報番組と比べると「ユアタイム」が一番遅い時間に放送されています。その日のトリを飾っているわけですが。

     そうなんです。最後の時間帯だからこそ、出来ることがたくさんあると感じています。放送直前まで最新情報を入れられますし、冷静に物事を伝えることができます。1日を締めくくる番組なので、視聴者に伝える事柄は、発生してから時間が経っているんですよね。だからこそ、頭をクリアにして多角的に物事を見られると思います。なぜこの情報が出てきたのか、なぜこのタイミングなのか。全体を俯瞰(ふかん)し、冷静に伝えていきたいと考えています。

    ――特に印象に残っているニュースは何でしょうか?

     相模原市の障害者施設で起きた殺傷事件は衝撃でした。事件の真相がまだ明らかになっていない時点で臆測が飛び交い、差別を助長するような風潮になっている印象を受けました。少し話は変わりますが、父がアメリカ人なので、外国と比べることで日本について考えることがあります。日本の場合、容疑者段階でプライベートも含めた情報を調べ、強い関心を示す。ところが、裁判が始まった途端にまったく注目しなくなるということは少なくありません。すっかり忘れ去り、判決の結果だけを知る人はきっと多いはずです。

     「より学びを吸収できるのはどっちなんだろう?」と考えると、私は、裁判に入ってからの方がより重要ではないかと思うんです。どんな事件であったかを振り返り、こういったプロセスで進み、こんな対策が行われたということを段階ごとに考えることは、事件そのものをとらえるとき、非常に大きな意味を持つと日頃から感じています。

    >>2以降に続きます

    朝日新聞デジタル 4/29(土) 11:14配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170429-00010002-asahit-ent


    【ユアタイムMCの市川紗椰 自分らしく「伝えたいことをもっと」】の続きを読む

    1 : 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2017/04/26(水) 18:44:26.25 ID:ID:CAP_USER9.net
    俳優の神田正輝と歌手の松田聖子の子供で女優の神田沙也加が、俳優の村田充と結婚することを双方のSNSを通じて発表した。

    沙也加は自身のインスタグラムに幸せそうな笑顔で写る村田と父・正輝との3ショットを掲載し「わたくし神田沙也加は村田充さんと結婚いたします」と綴った。

    この報に、ネット民からはお祝いのコメントが多数寄せられたが、
    中には「こういう写真を見ると母娘の確執は本当だったのかもしれないと思ってしまう」と、母・聖子との関係を案ずる意見もあった。

    「聖子と沙也加の関係が良かったのは、思春期のほんの一瞬だけ」と古参の芸能ジャーナリストは言う。

    「沙也加が小学校4年生の時に、両親が離婚。親権は聖子にありましたが、母親のせいでイジメられていたんです。
    聖子は、離婚する前年の1996年にアメリカの雑誌にセミヌードを披露。
    その前にも日本のビューティー系広告で艶っぽいシーンを披露して騒然とさせました。
    また、海外進出を模索し、家を留守にすることが多かった。
    そんな聖子に代わり、離婚後も正輝は、聖子が両親と住む家に沙也加を訪ねて面倒を見ていました。
    聖子は98年に歯科医師と再婚。その後も離婚、再婚を繰り返した。
    沙也加にとって聖子は、母である前にアーティストであり、恋する女でしたが、正輝だけはずっと変わらない“お父さん”だったんです」

    沙也加は5月1日に、聖子の事務所「ファンティック」から新事務所に移籍予定。
    結婚報告の幸せな写真に聖子が不在だったのは、それだけ母娘の溝が深かったからのようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1304846/
    2017.04.26 18:15 アサジョ


    松田聖子 赤いスイートピー (1982)
    4 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/04/26(水) 18:48:11.67 ID:ID:xI9hJezKO.net
    >>1続き
    父が医者で、子どもたちを幼稚園から私立のエスカレーター校に
    通わせるような厳格な家庭からセクシー女優が出るというのは、
    親にとっては天地がひっくり返るような衝撃的な出来事にあったに違いない。

    「母から『今日、とにかく早く帰ってきなさい』って
    LINEメールが来たんです。家に帰ったら仏壇に線香がたかれてました(苦笑)。
    母は今にも死にそうなか細い声で『澁谷果歩って知ってる?』って
    聞いてきたのを覚えてます」
    【神田沙也加“結婚”で浮き彫り! 母・聖子との「断絶」】の続きを読む

    1 : 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/04/24(月) 04:42:53.45 ID:ID:CAP_USER9.net
    スポーツ報知 4/24(月) 4:03

     「授業中」「中沢家の人々」などの新作落語で知られる落語協会最高顧問の三遊亭円歌(さんゆうてい・えんか、本名・中沢円法=なかざわ・えんぽう)さんが23日午後、亡くなっていたことが分かった。85歳だった。

     昨年12月に幼なじみのフリーアナウンサーの小川宏さんが死去した際、本紙の取材に応じ「最近、知り合いがコロコロ死んじゃうよ。俺ももう少しで逝くよ」と語っていた。

     円歌さんは終戦直後の1945年9月、吃音(きつおん)を治すために2代目・三遊亭円歌に入門。歌治で前座修業し、48年に二ツ目に昇進。2代目・歌奴を襲名した。58年に戦後入門第1号として真打ちに昇進し、70年に3代目・円歌を襲名した。

     「西行」「坊主の遊び」などの古典落語や新作も手掛け、老人問題を扱った「中沢家の人々」が十八番だった。

     71年に芸術祭優秀賞受賞。85年に得度した。96年に5代目・柳家小さん(享年87)の後を継ぎ、2006年まで落語協会会長を務めた。門下には女性落語家として初めて真打ちになった三遊亭歌る多(54)らがいる。

    ◆三遊亭 円歌(さんゆうてい・えんか)
    本名・中沢円法=なかざわ・えんぽう。1932年1月10日、東京・向島生まれ。
    岩倉鉄道学校(現・岩倉高)在学中に、学徒動員で新大久保駅に勤務。その後、落語界入り。
    71年「三味線栗毛」で芸術祭優秀賞。92年浅草芸能大賞。趣味は日本舞踊。


    ・三遊亭円歌さん

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00000094-sph-ent.view-000
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00000094-sph-ent
    106 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/04/24(月) 06:51:27.86 ID:ID:zQg43Mxv0.net
    >>1
    あれ? 85歳?
    たしか終戦時新大久保の駅員を辞めたって言ってたから13歳って変だろ?
    と思って、wikipediaみたら、1929年1月10日生まれの88歳てあったぞ。
    ただ、去年見たとき、90歳になったって言ってた気がするんだが、・・・
    【三遊亭円歌さんが死去…落語協会最高顧問、85歳】の続きを読む

    1 : たんぽぽ ★@\(^o^)/ 2017/04/25(火) 19:38:54.28 ID:ID:CAP_USER9.net
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170425-00000091-dal-ent
    デイリースポーツ 4/25(火) 19:29配信

     元SMAPの木村拓哉が25日、日本テレビで放送された「火曜サプライズ」に出演。もともとは「アンチ」ジャニーズで、最初はオーディションの誘いがあっても「4回ぐらい」スルーして行かなかったことを明かした。

     ジャニーズ事務所に入ったのは「15~16歳」と振り返った木村。そもそも「親戚が勝手に(履歴書を事務所に)送った」のがきっかけだったという。

     ジャニーズからは「4回ぐらい、『(事務所に)来てください』」と誘いがあったというが、「バックレて。けっこうアンチ(ジャニーズ)だったんで」と話し、笑った。
    73 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/04/25(火) 20:02:14.19 ID:ID:SoIXnyPy0.net
    >>1
    HAHAHA!!!
    nice joke!!
    【木村拓哉「アンチ」ジャニーズだったと告白】の続きを読む

    1 : アブナイおっさん ★@\(^o^)/ 2017/04/26(水) 18:56:28.14 ID:ID:CAP_USER9.net
    ミュージシャンのASKA(59)が、不況が叫ばれる音楽業界について「音楽では食えない」とアーティスト側の窮状を語った。

     ASKAは26日にブログを更新。「僕は、25年以上前に『この先音楽業界は冷えて行く』とステージで語った」と、以前から音楽業界の暗い未来を危惧していた事を明かした。

    その理由は「音楽業界が世間に歩み寄りすぎたから」と説明。その世間への歩み寄りが「音楽を無料にすることに近づけてしまった」と、アーティスト側に不利なシステムを生み出してしまった事を嘆いた。

     その結果「音楽をやりたい人たちは、たくさん居る。しかし、音楽では食えない・・・」と、アーティストたちの窮状を招いてしまったとASKA。
    「音楽業界は『権利ビジネス』という名に犯され、本来、楽曲を製作したアーティストに還元されるべきものまで、他が侵食してます。
    今、本来の形に戻さねば、やがてアーティスト(ミュージシャン)は居なくなるでしょう」と警鐘を鳴らした。

     この打開策としてASKAは「アーティストは個人商店を持つ時代に入っている」とし、アーティスト自身がレーベルやレコード会社に頼らず、個人で発信していくべきだという自身の考えを明かした。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12987857/
    【ASKA「音楽では食えない…」音楽業界窮状に警鐘 「世間に歩み寄りすぎたから」】の続きを読む

    このページのトップヘ