ネタッチ!芸能ニュースまとめ

ネタッチ!芸能ニュースまとめでは、2chで話題の新鮮な芸能ネタを素早く厳選してまとめています。

    2017年07月

    1 : ニライカナイφ ★@\(^o^)/ 2017/07/31(月) 17:55:59.90 ID:ID:CAP_USER9.net
    毎年、夏の恒例行事として放送されてきたフジテレビ系列の大型特番『FNS27時間テレビ』が大きく変わろうとしている。
    今年はビートたけしを総合司会に迎えるが、その放送予定は9月だ。
    さらに、内容も歴史をテーマにしたもので、バラエティ色が排除される可能性が高いという。

    視聴率不振に悩むフジテレビだけに、歴史ある大型特番にもメスを入れたと考えられるが、実際にはほかの事情も複雑に絡んでいると関係者から聞いた。

    「今回、放送時期をズラした理由のひとつは、過去の『27時間テレビ』とは全く別の番組になるということをアピールするためだといわれています。
    今年も過去の視聴率とは比較されるでしょうが、時期が違えば大コケしても言い訳できます。
    さらに、もうひとつの理由として、これまでの『27時間テレビ』で行ってきた恒例コーナーを打ち切る言い訳にもなるという点が挙げられます」(テレビ局制作関係者)

    恒例コーナーの打ち切りとはどういうことか。

    「それこそが大ナタを振るった本当の理由といわれていますが、そもそも今年の『27時間テレビ』の放送を考える上で最大のネックだったのが『さんま・中居の今夜も眠れない』でした。
    詳細が発表される日にはまだ中居正広さんがジャニーズ事務所に残留するかどうか不明だったので、例年通り放送した場合、退所報道が出たあとに番組に出演する可能性があったんです。
    それは事務所にとって最悪。そのため、中居さんの動向を把握した上で放送するために9月に放送をズラしたといわれているんですよ。
    仮に残留なら何事もなかったように同コーナーを放送し、事務所を辞めるならコーナーを放送しないという手筈が整えられていました。
    そして残留が決まりましたので、同コーナーを存続する方向で調整されると思います」(同)

    驚くべきことに、SMAP解散の余波によって歴史ある番組の放送時期が変わったのだという。
    だが、結果的には歴史をテーマにするなど番組内容まで変わってしまったのは、なぜなのか。

    「放送を9月にズラしたとしても番組内容がこれまで通りであれば、中居さんが原因で放送時期が変わったと世間一般に悟られる可能性がありました。
    そのため、そもそも同コーナーを放送しなくても不自然でないようにするため、番組コンセプトそのものを変えたといわれています。
    フジとしては話題性がほしいので例年通りに放送したかったのでしょうが、事務所としては去年の経緯もあって出演には後ろ向きでしたから、さまざまな議論の末に番組内容まで変わってしまったわけです」(同)

    何度も議論が重ねられ、放送時期、さらには内容の大幅な変更という結果に行き着いたといわれるが、両社が話し合った片鱗が今年のキャストに現れているという。

    「たけしさんのアシスタント役で関ジャニ∞の村上さんが出ますが、そもそもとしてこうした重要なポストに入っているのは、両社で話し合ったからこそだとささやかれています」(同)

    ビートたけしが出る以上、歴史という真面目なテーマでありながらも面白い内容が期待できるが、ここにもジャニーズの影があったとは驚きだ。

    http://tocana.jp/2017/07/post_13596_entry.html
    【すべては中居正広のせい…『FNS27時間テレビ』の内容がガラリと変わる黒すぎる事情とは !? 関係者が暴露「またしても…」】の続きを読む

    1 : サーバル ★@\(^o^)/ 2017/07/30(日) 07:46:37.05 ID:ID:CAP_USER9.net
    今どきの中学生は「着メロ」を知らない!?
    7/30(日) 2:20配信

    7月20日(木)深夜放送されたラジオ番組
    「SUPER BEセクシーER 渋谷龍太のオールナイトニッポン0(ZERO)」で、
    ガラケーが普及していた頃に流行した“着メロ”を使い、
    学生リスナーとイントロクイズを行った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170730-00010012-nshaberu-ent
    【今どきの中学生は「着メロ」を知らない!?】の続きを読む

    1 : Egg ★@\(^o^)/ 2017/07/30(日) 13:42:16.16 ID:ID:CAP_USER9.net
    上西小百合衆院議員(34)が30日、ツイッターを更新。27日発売の「週刊新潮」で神戸市の橋本健市議(37)との不倫疑惑を報じられた元SPEEDで自民党の今井絵理子参院議員(33)について、「問題は昨日と今日、今井議員が何をしているか。政務活動をして下さい」と苦言を呈した。

     今井氏は27日、報道関係者へのFAXと自身のブログで、橋本氏と不倫関係にあるとした報道に「雑誌のタイトルにあるような『略奪不倫』ではありません」と強調。今井氏が公表した書面によると、橋本氏から妻と離婚協議中であることを明かされ、その上で交際を申し込まれたという。しかし、法律上はまだ妻帯者である橋本氏に対し、「“一線を越えてはいけない”と思い、『きちんとけじめをつけてから考えましょう』と申し上げ」たとしている。

     上西氏は「この週末も今井議員のニュース」と関心を寄せ、「記者会見や説明責任より、そっちの方が大事。今井議員を待っている人達がいる。馬鹿にする奴らはほっとけばいい。国会議員なんだから逃げるな。例え笑われてもこういう時こそ前に出ろ!」とエールを送った。

    7/30(日) 12:57配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170730-00000525-sanspo-ent
    32 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/07/30(日) 13:55:24.47 ID:ID:UrGLIBoQ0.net
    >>1

    アッコにおまかせで

    バカバカ言ってたのはこの豚まんじゃなかったっけ??
    【<上西小百合衆院議員>今井絵理子氏にエール! 「馬鹿にする奴らはほっとけばいい」】の続きを読む

    1 : ranran roo ★@\(^o^)/ 2017/07/29(土) 01:52:33.52 ID:ID:CAP_USER9.net
    7/29(土) 1:48配信
    毎日新聞

     【ブダペスト村上正】水泳の世界選手権は第15日の28日、当地で行われ、競泳男子200メートル背泳ぎ決勝で2012年ロンドン五輪銀メダルの入江陵介(イトマン東進)は1分56秒35の7位にとどまり、11年大会以来6年ぶりのメダルには届かなかった。男子800メートルリレー予選ではリオデジャネイロ五輪銅メダルの日本(萩野、江原、天井、松元)が7分9秒66の6位で決勝へ進出した。

     非五輪種目の女子50メートルバタフライ予選は池江璃花子(ルネサンス亀戸)が25秒72で全体の3位となり準決勝へ進んだ。男子50メートル自由形予選は塩浦慎理(イトマン東進)が22秒17の15位で準決勝進出。

     第14日の27日は男子200メートル個人メドレー決勝で萩野公介(ブリヂストン)が1分56秒01で銀メダルを獲得し、瀬戸大也(ANA)は5位だった。チェース・ケイリシュ(米国)が1分55秒56で金メダルに輝いた。

     女子200メートルバタフライ決勝は長谷川涼香(東京ドーム)が2分7秒43で6位入賞。女子800メートルリレー決勝は日本(五十嵐、池江、青木智、高野)が7分50秒43の日本新記録で5位に入った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170729-00000008-mai-spo
    11 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/07/29(土) 02:07:19.52 ID:ID:ofpU2wdr0.net
    >>1
    やる気ないならスレ立てんなアホ
    【入江7位】の続きを読む

    1 : 金魚 ★@\(^o^)/ 2017/07/31(月) 16:58:03.60 ID:ID:CAP_USER9.net
    加計学園問題の報道を見ていると、一部マスコミ(朝日、毎日、東京)の報道はかなり偏っているといわざるを得ない
    テレビのワイドショーは、それをさらに増幅している。
     そこで多様な見方をするために、ネット上で有益と思うものを紹介してみよう。筆者が書いたものも含まれるのはご容赦いただきたい。

    ■一部マスコミが報じない証言

     問題の本質であるが、発端は、大学学部新設の認可を受けるために申請が必要であるが、その申請さえさせないという文科省告示である。
    これは、「『安倍降ろし』で石破総理が誕生すれば、日本経済は大失速間違いナシ」(7月10日、現代ビジネス)を参照。

     まず、当事者の特区関係者の意見を押さえておこう。6月13日に会見が行われた(官邸サイト「国家戦略特区に関する記者ブリーフィング」<要旨>)が、
    ほとんど報道されていない。

     一部マスコミでは、前川喜平・前文科事務次官の記者会見や国会発言ばかりが報道されるが、これへの有力な反論として、加戸守行・前愛媛県知事の国会発言がある。
    これは、7月10日の国会閉会中審査の青山繁晴議員の質問と、それへの答弁を見ればいい。そこでは前川氏も一緒に答弁しており、対比ができる

     24日の国会質疑では、小野寺五典議員の質疑が参考になる。また、浅田均議員の質疑もいい
     これらは、テレビのワイドショーより格段に議論の質が高いので、一見の価値がある。前川発言だけの情報だけでは全体が見えにくい

     これらの国会証言があったにもかかわらず、一部メディアでは、加戸前愛媛県知事らの意見はまたもや無視されている
     加計学園問題を理解するためには、一定の基礎知識も必要になる。しばしば出てくるのが、「石破4条件」という言葉だ

    (zakzak・夕刊フジ「『石破4条件』の真相はこれだ! 学部新設認めない『告示』の正当性示せなかった文科省」7月22日)。
    この経緯もわかると、メディア報道の裏側も見えてくる。

     それでも、今治市(加計学園)が選ばれたのは、えこひいきという声もある。しかし、それではライバルの京都(京産大)の意向もあればいい。
    もし選定プロセスに問題があれば、ライバルが文句をいうはずであるが、単に準備不足であったといっている
    (産経ネット版記事「京産大の獣医学部断念 『大学はすでに方向転換していたようだ』府知事が見解」7月15日)。

     また、加計学園問題では、獣医師会の考え方もポイントだ。これは、獣医師会会長の証言がいい
    (テレビ西日本ネット版「加計学園問題の真相は 福岡のキーマン 獣医師会・蔵内会長が新たな証言」7月20日)。

    いずれにしても、これらの当事者の報道が少ないので、前川発言だけの情報だけでは全体が見えにくい。

     最後に、前川氏の規制改革に対する考え方も確認しておくほうがいい。その絶好の資料は、内閣府サイトにある2005年の規制改革会議の議事録だ。賛否両論だろうが、これも面白い。

     いずれにしても、加計学園問題はメディア・リテラシーを考える上では、絶好の教材だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170727-00000012-jct-soci
    5 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/07/31(月) 16:59:38.55 ID:ID:nugeX98D0.net
    >>1
    知ってます
    【朝日、毎日、東京の報道はかなり偏っている ワイドショーはそれを増幅 問われるメディア・リテラシー】の続きを読む

    このページのトップヘ